【2019】刑務所の食事は本当に美味いのか?

刑務所の食事は何を食べているんだろうとふと気になったりしませんか?どんなものが出てどんな味がするのか、
刑務所のリアルについて書いていきます。

刑務所で長く生活をしていて味覚がバカになりかけていたラマ(rama)です。

今回は単なる食品名ではなく、よりディープな話をしていこうと思います。

ラマ
楽しんでね!
女性用

【2019】刑務所の食事は本当に美味いのか?

どんな味がしていて、受刑者はどんな気持ちでそれを食べているのか。

食事のメニュー名は決して悪くはない。

すき焼き、チンジャオロース、酢豚、クリームシチュー、カレー、ラーメン、七面鳥やハンバーグなんてのもある。

「レトルト食品はそこそこ美味しい」

けれど問題は刑務所で作られる食事の味付けだ。

刑務所では基本的に炊事工場が食事を作っている。ここで作る調理は管理栄養士がメニューを考えている。そのため、刑務所での食事は栄養バランスがよくて身体にいい。という噂を耳にした人もいるかもしれない。騙されてはいけない。

それは嘘だ(><)!!!

正確には建前だね。物事には本音と建前があるように、刑務所でも裏事情というのがある。

刑務所の食事/大前提

  1. 栄養バランスは完全に破綻している
  2. 減塩対策でさらに塩分を失う
  3. 炊事が調味料+食材を奪い取る
  4. 作られてから1時間後の食事が提供される

 

こういう前提で刑務所の食事は受刑者のもとに届きます。運ばれる食事は1時間以上前に作られて置かれている物なので、季節によってはトンデモ料理が出来上がることも…….

夏場は腐っている可能性を自分たちで判断しながら食べます。
朝の5分ほどしかない食事の時間に恐ろしく熱いお味噌汁が出たり熱いお茶が注がれます。

冬場は冷え切った味噌汁に、芯まで冷える冷たいお茶。
スープや肉料理は油が固まり白く膜が張り、表面が凍りついている事も……

味がするか、しないかで美味いか不味いか決まる世界

10年近く刑務所で過ごして変化した僕の味覚は、味がするのは美味しい食事と思うレベルになってたんだ。

全く味付けをしていない野菜サラダを食べる日常。味がしない食事のなんてマズさ。

刑務所の食事は基本的に味が薄い。それはお年寄りの減塩食になされている事もあるが、問題は別にある。

単純に濃い味を楽しみたい炊事工場が調味料を取ってしまうため、そもそも味が極めて薄いんだ。食事の味は炊事工場の刑務官が味利きをして判断するが、刑務官も調味料のことは理解しているためザル。

薄味の食事が出来上がる悲劇はこうして起きる。

刑務所ではタレやソースを経費節減の名の下に無くしてしまう事もある。タレをつける前提の食事にタレがない状態は不味いもの。
肉はどこの部位を使っているのかと疑うほど酷い。または細切れになっている。まともに栄養を摂取することは難しい。

僕が狂っていった記憶を一部公開しようと思う。

僕「うま!うまいなあ!」

みんな「マッズ!なんやこれ!!」

僕「うま!うまうま!」

みんな「出た!ザリガニ汁!くさ!!」

僕「うまうまうまうまmamamamamma………」

みんな「味すらしない!なんだこれ何食わせられてんだ!!!」

僕「mmmmmamammamammammmamma!!!!!!」

なんて恐ろしい世界。

もう不味いとか臭いとか味がしないのが日常。それでも基本空腹で、いつも食事のことを考えてるんだ。もしかしたら美味いのが出るかもしれないって夢を見ずにはいられないんだよ。空腹は恐ろしいよね。

不味いのが日常だから、美味しいと言葉に出して脳を誤魔化そうと必死なんだ。刑務所での喧嘩の原因に食事のトラブルが少なくない。

「不味いと我慢してる食事を、誰かが不味いと言ったせいで我慢できなくなった!」

「食べ合わせ方で上手くなるというガセネタで食べれなくなった!」

といのも実際に聞いた言葉だ。

 

 

刑務所の食事の闇はまだまだ深い。

味付けだけでなく、食べられる量も色々な理由で影に表に削られていく。

そんな刑務所の食事が

管理栄養士の計算した栄養を満たしているはずはない。

 

僕はそう思っている。

刑務所から出てきて食べた味へのコメントとは!?

僕は刑務所から出てきたら真っ先にフレンチトーストを食べると決めていた。長く服役している受刑者ほど甘いものに飢えている。これは全国共通と思っていい。僕も例に漏れず甘いもの、フレンチトーストに狙いを定めた。

10年間の刑務所生活を終えて外の食事を食べた人はどんな反応をするのか?

泣くのか?叫ぶのか?意外と何も感じないのか?

ずっとわからなかった疑問が解ける日が来た。

家族との感動の再会後、僕は有名ホテルのフレンチトーストを食べに向かった。10年ぶりに食べるフレンチトースト。一体どんな味がするんだろう。僕の鼓動は早鐘を打っている。早く食べたい!早く早く早く!!!

そうして10年越しのフレンチトーストが僕の眼の前に現れた。

なんて美味そうな食べ物なんだろう…….

湯気が出ている!

暖かいデザートが目の前にある!!

バターを塗って、たっぷりのメープルシロップをかけていく。この時間こそ至福……

そしてついに僕はフレンチトーストを口に入れたっっっ!!!!

「……….」

「っっっっっ……..」

「ふふふ」

「ふふはははっはははははっはははっつ!!!!!」

10年間の刑務所生活を終えて外の食事を食べた人はどんな反応をするのか?

答えは爆笑!!!

もう意味がわからなかった。自分でも何が何だかわからなくて、ただただ笑いが止まらなかった。あまりにも美味すぎた。美味すぎると、人は笑ってしまう事もあるらしい。ほんと変な話だよね。

【2019】刑務所の食事は本当に美味いのか?まとめ

不味い。

以上。

刑務所in虫歯は治療できないっ!?プリズンの真相

ラマ
最後まで見てくれてありがとうございました!
チャップアップ育毛剤

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ