【2019】取り調べ体験!これを知らないと刑務所にぶち込まれる

留置所・拘置所・刑務所・情報ブログ
『ゆるふわプリズン』

コレを知らないだけで 刑務所行き!?

これを知らないと10年刑務所にぶち込まれる!!???

 

悪徳刑事のやり方を知らなくて
10年刑務所にぶち込まれてしまった!!

僕は冤罪で逮捕され、10年ぶりにこちらへ帰ってきたラマ(rama52996)です。

この記事は、

これを知らなかったから刑務所にぶち込まれた

と僕が経験して感じたことをサラっと書いていきます。

知っておくべきポイント

  1. 悪徳刑事はいる
  2. 証拠がなくても有罪になる
  3. 起訴させてはならない

この記事を見るメリット

  1. 取り調べのリアルを見れる
  2. 悪徳刑事の手口公開!
  3. 無実の罪から身を守れる!!

※個人的な感想です。
また、現在仮釈放中のため完全再現をすると身元バレが困るので
実際の内容をベースに多少書き換えていきます。

取り調べで絶対論破!!悪徳刑事は本当にいる!!

悪徳刑事の存在

彼らと出会ってしまった時、
あなたは無実の罪で犯罪者にされてしまうかもしれません。

刑事は重い罪の犯罪者を捕まえるほど、
昇進のためのポイントを得られます。

このポイント欲しさに

あなたは逮捕されるかもしれない!!

もしも冤罪で逮捕された時、
悪徳刑事が取り調べ官になったらどうなるの……と心配になりますよね?

この記事は、

無実の罪を着せられて刑務所にぶち込まれたくない人へ書きます。

実際に冤罪で逮捕され、

悪徳刑事とバトった僕の会話をぜひ役立ててください。

では始めましょう。

人生を賭けた絶対論破!!!

ラマ
こんにちは、ラマ(rama5296)だよ。今回の戦いは負けるわけにはいかないっっ!!
みーちゃん
薙ぎ払えーーーーーー!!!!

取り調べ/決戦の幕開け

取り調べは突然に

ここは取り調べ室。

3畳ほどの小さな部屋の中央にデスクがあり、

捜査資料と思わしき大量のファイルがつまれ

対面に座っているのは醜く肥え太った……悪徳刑事!!

ジョセフィーヌ!!

ジョセフィーヌ
えっ!お、俺のことかっ!??
ラマ
悪いねジョセフィーヌ。大人の事情で今回は悪徳刑事になってくれ。

実際にはさらに二人大柄な刑事が部屋に入ってきて

せっまいよ!!

という状況なんですが
読みにくいのでジョセフィーヌのみの出演です。

では取り調べバトルいってみましょう!!

火蓋は切って落とされた!!

逮捕状を読み上げる刑事の声

被疑者は〜ウンヌンカンヌン……

内心僕はその内容を聞いて、
あれ?僕これ冤罪じゃね??と思ってるんだけど

面と向かって刑事に冤罪ですよね??とは言いずらい空気。

逮捕状を読み終わったジョセフィーヌ

ジョセフィーヌ
どや?間違いないか??
ラマ
間違いしかありませんけど……?

そうなんだ。間違いしかなかったんだ!!

僕の罪状はまだ仮釈放期間で教えることはできないのですが、
はっきり言って逮捕状に書かれていることはメチャクチャだった。

こんな感じ↓

<事実>あなたは駄菓子を購入して帰っていきました。

これが↓

<逮捕状>あなたはお店のおばあさんを脅迫し、殴り倒して金品を奪っていきました。

という感じ。

ねーちゃん
全然違うじゃないか!?ものすごい凶悪犯になってるぞ!?

僕の場合はさらに酷かったので……間違いしかありませんけどって回答になりました。

そうなりますよね??というか、脚色っ!!!って僕は思いました。

ジョセフィーヌ
間違いしかない?じゃあ認めへんということやな?(圧力がすごい)
ラマ
そりゃそうでしょう……
ジョセフィーヌ
後悔するぞ?……(ニヤリ)
ラマ
させてみろっ!!!

悪徳刑事のやり方1/ボケる

いきなりボケ老人になる悪徳刑事

事件を認めない方針が決まった僕。

というわけで事件当日に何をしていたのか、
一つ一つ確認しながら悪徳刑事に話していきました。

今回は僕が万引きをしたという設定でお話しします。

ラマ
今から取り調べでの会話をするからね?
悪徳刑事のやり方をよ〜く見てて!!

(僕)
「その日、僕はある駄菓子屋さんへ行きました。
うまい棒を3本購入して帰りました。」

(悪徳刑事)
「ほうほう。駄菓子屋へ。そこでレジにいたおばあさんへ何か言わなかったか?」

(僕)
「特に何も……うまい棒を渡してお金を払いました。」

(悪徳刑事)
「君は何も話してないと。おばあさんを睨みつけたり、いきなり手を掴んで押さえつけたりせんかったか?」

(僕)
「するはずないでしょう。うまい棒買うのにおばあさんを睨みつけたりします?」

(悪徳刑事)
「ふむふむ。じゃあちゃんと代金も払ったんやな?」

(僕)
「はい。」

(悪徳刑事)
「じゃあ君がいった内容を調書にしたから、間違いがなかったら指印(指に朱印をつけて押す印鑑)してな」

悪徳刑事の作った調書

ラベル名
私はお店のおばあさんを脅迫し、殴り倒して金品を奪いました。間違いありません。
ジョセフィーヌ
どや?
ラマ
いや……は?いやいや、何を聞いてたんですか?言ってないでしょこんなこと!
ジョセフィーヌ
しかしなあ、お前さんさっき、ワシが手を掴んで押さえつけたりせんかったか?って聞いたのに答えんかったやろ?あやしいなぁ。
ラマ
そんなことしないって言いましたよ!

1時間以上話した中の、こういう小さな記憶違いを調書で書き換えてくるのが悪徳刑事のやり方です。

ジョセフィーヌ
そうか?悪いけどじゃあもう一回話してもらえるか?
ラマ
本当のこと話してるんだ!何回やったって同じだよ!!

というやりとりを10回以上は続けました。嘘を言っている場合、話しているうちに辻褄が合わなくなるそうです。
そこを狙ったやり方はわかるのですが、正直ボケた老人の相手をしているようでした。

ちょくちょく言葉を変えて書いてくるので悪意がすごいっ!!

突然の壁バァン!!

そんなことを繰り返していると突然……

バァン!!と扉を叩きつける爆音!!!

ラマ
(ビッッッック!!?)

何事かと思ってそちらを見れば別の刑事が怒鳴り込んできたのでした。

悪党刑事
事件を認めへん奴はお前かー!!!(怒声)

バンバンバンッッッ!!!テーブルを叩きつける音

ラマ
(ヒィッッッッッ!?)

文字にするとバカらしいのですが、
これを大人が本気でしてくるとかなり怖いです……しかも刑事という立場の人ですし。

ラマ
してないものはしてない!!

僕がそういうと、何やら不吉な捨てゼリフを吐いて出て行きました。

悪党刑事
お前の両親や付き合ってる彼女の家族にも、話をせないかんなぁ。

バァン!!!扉を閉めて去っていく悪党刑事

不吉すぎる……

悪徳刑事のやり方2/両親の仕事先や関係者にわざと迷惑をかける

脅し大好き悪徳刑事さん

ジョセフィーヌ
ラマ君。そろそろ白状した方がええんとちゃうか?ご両親や彼女さんの家族もえらい迷惑してるで??
ラマ
どういうことですか?
ジョセフィーヌ
そりゃあ警察がなんども仕事先に電話したり、訪問してきたら仕事先の人はどう思うかなあ?
彼女さんの実家にも行かせてもらおかな。ほら、彼女さんのご両親も君とは関係者になるわけやしな〜。
ラマ
そんなことやめてください!!
ジョセフィーヌ
じゃあ事件を認めるか?
ラマ
それとこれとは話が違う!なんだその脅しは!?

後日聞いた話をまとめると、これらの行動は実際にされていました。
それも当事者からすれば、わざと忙しい時間や人通りの多いタイミングで押しかけてくるそうです。

ねーちゃん
外道めっ!!!

悪徳刑事のやり方3/証拠なんていらない

証拠なんていらない悪徳刑事さん

ラマ
  そもそも僕はただうまい棒を買っただけなのに、なんでこんなことに……
ジョセフィーヌ
それはおばあさんを殴り倒してしもたからやろな〜。
ラマ
……そもそも、法律はなんて書いているんですか?
ジョセフィーヌ
法律?そんなこと聞いてどないするんや?(態度が硬くなる悪徳刑事)

(僕)
「自分が逮捕されて、法律が気になるのは普通でしょう。
ちゃんと法律の条文を教えて下さい。」

(悪徳刑事)
「脅迫して、暴行して、金をとれば犯罪やわな。」

(僕)
「それはそうでしょう。で?僕が疑われている脅迫、暴行(殴った)、お金を取った証拠は?」

(刑事)
おばあさんがそう言うてる。ご老人が嘘つくわけないやろ?

ラマ
は?えっ?証拠は何もないんですか?何もないのにこんなことをしてるんですかっっっ!!!
ジョセフィーヌ
おばあさんが証言しとる!それで十分や!

そんなわけないだろっ!!!って思うんですが、

結果から言うと証言だけで十分でした。

裁判へ突入!!!

裁判でのアレコレまとめ

僕はこの悪質な取り調べを終えて、裁判を開始しました。僕の主張はもちろん無罪です。うまい棒買っただけで犯罪者にされてたまるか!!
裁判では1、脅迫したか。2、暴行(殴り倒したか)。3、お金を取ったか。の部分について話し合いました。

僕に有利な証拠

1、そもそもおばあさんと会話をしていないことから脅迫の状況が成立しない。
2、暴行していないので、おばあさんの体に怪我はない。
3、お金は払って購入しているので、レジから僕の指紋は出ない。

※おばあさん自身、事件から半年過ぎていてよく覚えていないと証言

ここまでの主張を通すのに1年近くかかりました。
本当に辛く大変な道のりでしたが、無罪を勝ち取るためには必要な努力だった。

そう思って待ちに待った判決は…

裁判の結果は意味不明

謎な判決理由

裁判官
判決!容疑者ラマは有罪!!!
裁判官
有罪の理由は以下の通りである。

有罪理由

被害者であるおばあさんは、事件のことをよく覚えておらず記憶が曖昧。脅迫の内容や暴行を受けた形跡などの説明もなく証拠となる写真なども確認はできなかった。レジから金品を奪ったと言う点も、ラマの指紋が出ていないことからさだかではなく、訴えているおばあさんの主張には非があると言わざるを得ない。しかし!!そんなご老人を狙い脅迫し、暴行を加えることでうまい棒を強奪、さらには私欲のためにレジから金品を奪い取ると言う反抗は許しがたい!!よってラマは懲役7年の有罪とする!!!
ラマ
意味がわからないっっっ!!!!!
みーちゃん
えっ!?なんでこれで有罪になるの!!?
ねーちゃん
前半と後半で説得力がまるで違うじゃないか!!

今回は万引きをベースにしたので、僕の判決とは少し違う点もあるのですが

ほぼこの通りの判決文で僕は有罪になりました。

僕や、支えてくれていた家族も呆然として動けないまま、判決は終わってしまい……

僕の刑務所行きが確定しました。

これを知らないと10年刑務所にぶち込まれる!!???まとめ

まとめ/対処法

僕がここで話したことに誇張は一切ありません。むしろより酷いことが行なわれているのが現実です。

常識的な態度で、当たり前のことを説明しても意味はありません。
何故なら捕まった時点で、あなたの言葉は全て言い逃れにしか受け取ってもらえないからです。

Q、ではこの理不尽な状況にどう対処すればよかったのか?

A、起訴させないことです。

刑事事件で起訴されてしまえば99.9%有罪にされてしまいます。

Q、では起訴されないためにはどうすればいいのか?

A、指印を押さないことです。

調書や、事件を認めるかどうかを聞かれた時に、警察は必ず紙を用意してきます。

事件を認めない場合(冤罪の場合)、これに指印を押さないことです。

悪徳刑事は必ず嘘をついてでもあなたの指印を得ようとします。
そこでされる会話は録画されていないためどんな嘘をついていても世間にバレることはありません。

そうして騙されたことに気がつくのは弁護士に

指印は押していませんよね?」と第一声で聞かれた時です。

騙されたことで悪徳刑事に指摘しても、弁護士を通して撤回させたとしても、
全ては後の祭りです。

逮捕から2日以内にこの指印を騙してでも得ることで、

警察と検事は起訴に持ち込めるのです。起訴さえしてしまえば99.9%有罪にできる。

そのあと指印は不正な方法で取られたので訂正したとしても、
起訴後にはなんの意味もないわけです。

僕はこの手口にやられました。

これを知らないと10年刑務所にぶち込まれる

知っておかないといけないこととは……

指印を騙し取られてはいけない!!!

と言うことです。

取り調べは留置所にいる間に行なわれます。

留置所についてはこちらにまとめています↓

ラマ
最後まで見てくれてありがとうございました。
みーちゃん
ました!