カルロスゴーン東京拘置所なう!!衝撃的だった拘置所生活の実態とは!?

日産のカルロスゴーン前会長、現在東京拘置所にて取り調べを受けつつ生活していますね。今回は拘置所での生活や、おそらくゴーン氏が実際に経験されている生活の実際について見ていきましょう。拘置所での生活は全国どこでも共通の規則があるので僕が経験した3箇所の拘置所と、現在書かれている東京拘置所の情報をまとめました。(通常1箇所の拘置所を経験します。また、拘置所での受刑という当初執行も経験していることから拘置所内で未決収容者の世話を担当する視点からも書いていきます)

拘置所の生活スペースは雑居or独居!?

ゴーン氏は現在独居で生活されているようですね。雑居とは共同部屋、独居とは一人部屋を指します。居室は3畳一部屋にトイレとベットが用意されており、テレビはなく、自身の所有物(私物と呼びます)を納めたキャリーバックも置かなければならない為にゴーン氏は非常に狭く感じることでしょう。

「ここはトイレかっ(# ゚Д゚)!!」とゴーン氏は思ったことでしょう。

ゴーン氏ほどのセレブであれば実際トイレほどのスペースに見えても不思議はありませんね。セレブが拘置所で生活することの衝撃は一般人の僕とは比較にならないことでしょうから少し大げさにゴーン氏の気持ちを代弁しても問題ないでしょう。また、居室にはベットがあると書きましたが、これは決して良いことばかりではありません。ベットは病院にある一人用の物ではなく、さらに細くした1畳幅の物です。寝返りをすれば普通に落ちます( ゚∀゚)アハハ

「壁に頭をゴーン」「落ちれば床におでこをゴーン」いえなんでもありません(笑)

ゴーン氏も拘置所生活が10日を越えますから何度か落ちているかもしれませんね。さらに布団であればまだ畳めますがベットは固定ですから、部屋の狭さが尋常ではないんです。

「ここは寝室かっ(# ゚Д゚)!!」

とゴーン氏は思ったことでしょう(いやトイレと寝室一緒てw)

まあ普通の感覚で部屋を覗き込めばベットとトイレしか見えない部屋ですからね。圧迫感が半端じゃないんです本当に。ベットのシーツ類は週に一度洗濯に出す機会があるでしょうが、マットは一生洗いませんからね。いや布団も一生洗ってはもらえませんが天日干しは3ヶ月に一度あります。もちろん枕は一生洗われない組です残念でした本当に洗って欲しい。

逮捕から初めての拘置所飯は運次第!?

ゴーン氏がセレブだろうと日産の前会長だろうと刑事施設には無関係ですからね。出される食事は献立表に記載されているものが出されます。通常であれば昼食か夕食ですが、ここでもしゴーン氏の運が良ければ肉の入っているメニューを食べられたかもしれませんね。拘置所ごとに食事のクオリティーは変わり、東京拘置所は全国屈指の食事が出されることで受刑者間では有名です。

この差は収容者の人員数によって施設に配給される資金が増減するためと職員から聴き出しました。

刑事施設では食事代、備品などの修繕代、水道代など全て小分けされており余った水道代を備品代へ回すということができない為に、もし余剰資金があれば来年度の資金支給額を確保する為必ず使い切るようにしています。この関係から人員の多い東京拘置所では支給されている資金も多くなり、余剰を処分する為に調味料やレトルト食品、オカズの質が向上しているのだと僕個人としては睨んでいます。

朝食は意外と満足なゴーン氏?

「ザッ日本食、貧相だが悪くないか・・・」

白ご飯にみそ汁、梅干しかふりかけなど一点を含む3点が朝食です。日本食、特にみそ汁はゴーン氏も好んでおられたようなので古き良き日本の一汁三菜を堪能していることでしょう。受刑者のビストロ東京、まさにゴーン氏にピッタリですね!朝食のご飯は臭いのか?よく疑問を持たれる点なのでここで応えておきますね。

ご飯が臭いのは刑務所から!!

拘置所でも麦飯を食べることにはなりますが、ご飯にされている蓋を開けて臭いっ!!と感じるのは刑務所に収容されてからが多い印象です。これは推測ですが麦の配合率の差もあるのでしょうが、この麦飯。昨今では健康志向で良いイメージもあるかもしれませんが、確実に想像されている麦飯の香りではないのでご注意下さい。「これは麦飯じゃないぃぃぃっ!!」

まあ3日で慣れるので大丈夫ですが。いや大丈夫ではないのかwこうしてゴーン氏の東京拘置所での朝食が過ぎていくのでした。

取り調べ編へ🔻

カルロスゴーンなう!!東京拘置所取り調べ編!! 

2018年12月2日
 

カルロスゴーンなう!!東京拘置所取り調べ編!! 

「PR」

 

スポンサーリンク

コメントを残す